今を唱えば~天候と時代の王子様達に煌きを~
某アイドル事務所所属の“山風な5人組”と、その2代下の“跳んでる10人組”が、好きな管理人による…気ままな芸能関連の記事置き場です。(最近、二千分の一を勝ち抜いた“先生”も推してますww)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン 良かったらポチッと、お願いします



だから跳が好き!!
日曜日に、アイドル雑誌のレポとか、「少年倶楽部(※裕翔くん&高木くん出演)」観たりしたかったのですが…
午後から一気に体調崩れて…動けない状態でして…
昨日も、その残りと戦いながら、1日過ごしてまたf^_^;
で、本当はもっと早く投稿したかったのが、下記↓です。

今週の某公式モバイルサイトの跳くん連載の話――

またまた、ビックリしました。
光くんに引き続き、裕翔くんもハッキリと“嫌だ”と言う(書く)なんて…
今回の連載のコメントは…裕翔くんの真面目さ故だと、思いました。
きっと、“光くんが書いたから”
…ちょっと、語弊があるかもしれませんが、光くんは“当事者”でないのに、メンバーの心境を書いてくれた訳で…
それを見たら、やっぱり真面目な裕翔くんとしては“当事者”が言わなきゃ駄目だって、思ったんじゃないかなって。

(前も書きましたが)やっぱり、事務所様が言うよりも、本人の本物の言葉のが、当事者に届く…と、信じたいです!

どうか、光くんと裕翔くんの“勇気”(それから事務所様の“心意気”)が無駄になりませんように!!


…うん、裕翔くんの記事には、光くんの時以上に、ビックリしました。
私の勝手なイメージなんですが…
裕翔くんって、そういう事を表に出せないコなのかなって、思っていたので…
結構前…(多分、「TV LIFE」だったと思うのですが)有岡くんが“ドラマの時、一人で悩んでた”と話していたのがあったから、そういうイメージを持っていました…

あくまで、私の中でのイメージですが、裕翔くんと相葉さんって、似てると思うんです。
どーでも良いような、小さい嘘とかは素直に顔に出ちゃって、隠せないけど…
本当に辛いときとか、それこそ皆で協力して解決すべきような大きな問題ほど、自分独りで抱え込んでしまいそうで…
勿論、それは“自分のせいで人に迷惑かけたくない”という、人一倍強い“優しさ”故なんでしょうけど…
だから、(ちょっと何の雑誌だったかは覚えてませんが)二宮さんが、相葉さんに
“もっと、辛いとか、疲れたって、ちゃんと言って欲しい”
―ってコメントしていたのが、印象的でして…
ついでに言うと、ほとんど同じ内容を、圭人くんが薮くんに言っていたのを見て…
薮くんと相葉さんは同じタイプなんだな…って思ったし、二宮さんと同じくらい、圭人くんも“メンバーをよく観てる”んだなとも思いました。

さて、話は裕翔くんに戻りまして…
前記の有岡くんのコメントには、続きがありまして…
“そいう時(※一人で悩んでたる時)は、ただただ早く元気に成ってくれるのを祈るのみ”と。
つまり、“こっちから無理に訊いたりはしないよ”っていうのと、“一人で悩んでるのを心配してるんだよ”という…
“優しさ”を込めた一言だと思ったんです。

だから…裕翔くんも、(薮くんもね)“一人で”抱え込まないで…
少しずつで良いから、躊躇せずにメンバーに本音を言えるように成って欲しいです。


私は、嵐さんも好きだから、つい比較に嵐兄さんをあげてしまいますが…
決して、跳くんに嵐さんの真似して欲しいって言ってる訳じゃないです!!(><;)
跳くんは跳くん達の性質(色)を出して、成長して行って欲しいと思ってます!!
ちょっと、語弊があるかもしれませんが、跳くん達には(嵐さん達にはない)上下関係があるのが良いと思ってます。
決して壁があるって意味じゃなくて、お兄ちゃんと弟みたいな空気感が、良い持ち味だと、私は思ってます。
だからこそ、兄弟(家族)みたいに、悩みを打ち明けることを“負担”と考えないで、素直に“支え合える”そんな関係に成って欲しいです!

いつか、名前のごとく、時代を誰よりも飛躍していけるグループになりますように(^人^)

これからも、影ながら応援し続けて行きたいと思います。


ここまで、長々しい私の独り言にお付き合い下さり、ありがとうございました
f^_^;
スポンサーサイト

blogram投票ボタン 良かったらポチッと、お願いします






管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今を唱えば~天候と時代の王子様達に煌きを~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。