今を唱えば~天候と時代の王子様達に煌きを~
某アイドル事務所所属の“山風な5人組”と、その2代下の“跳んでる10人組”が、好きな管理人による…気ままな芸能関連の記事置き場です。(最近、二千分の一を勝ち抜いた“先生”も推してますww)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン 良かったらポチッと、お願いします



嵐さん名古屋公演(最終日)
ざっくりと…なんとなくの雰囲気を楽しむつもりで、読んで下さい。
あくまで“なんとななく”で。正確性は求めないで(笑)


【EDの挨拶】
櫻井→年末年始で、たくさん嵐をご覧頂いたと思いますが…生嵐いかがでしたか
意外と顔小さいでしょ?(笑)
大野→スミマセン、ちょっと思い出せない(;´Д`)
相葉→自分事ですが、名古屋は何かが起きる(笑)
二宮→聞いてくれるしね。出来る限り嵐さんを追って頂けたらなって。生活に支障をきたす場合は結構です、できる限りで良いので。会えない時はテレビとかで思い出を作ってもらえば、また生で会うときに、感動するんじゃないかな?(笑)
松本→スミマセン(以下略)


【MC】
二宮「相葉さん、迷宮ラブソングの(出だし)時、何をそんなに痛がってたの?」
相葉「(一歩踏み出す振り付けの時、立ち位置の関係上)落ちそうになったの」
櫻井「ああ、(それだと)迷宮入りしちゃうね」
相葉「で、こう(踏み出す位置を変えて)して、前に行こうとしたら、自分の足にぶつかって」
二宮「自分の足にぶつかったの!?」

櫻井「でもさ、松潤もさ昨日、迷宮ラブソングでやらかしてたよね(笑)」
松本「あぁ…サビのところね(笑)」
櫻井「一人だけ反対向いててさ」
相葉「やっぱり、何かが起きる曲なんだよ!」
…何かって、某歌謡祭も含まれるの?(笑)←


▼みんなで焼き肉
松本「やっぱり、名古屋っていったら手羽先だ~ってなるじゃん?」
相葉?「それで10年近く、名古屋きたら手羽先を食べ続けてたからね」
櫻井「たまには牛にしようって。
そう言えば…
相葉さん、あなた三時まで起きてたらしいじゃないですか?」
相葉「…あぁ、はいはい…昨日、みんなで食べに行ってホテル戻ってきてから、三人で呑んだじゃん?」
二宮「俺とリーダーとでね」
櫻井「え?そうなの?」
大野「俺はすぐに休もうとしたんだけど…」
櫻井「あぁ、相葉雅紀と呑むと絡まれて面倒くさいからね(笑)」
相葉「俺が捕まえたんだっけ?」
大野「うん、捕まった(笑)」
松本?「三人で呑んでると、どんな話すんの?」
相葉「どんな話…たわいない話?」
大野「うん、たわいない感じ?」
相葉「ねぇ、何話したっけ?」
二宮「そもそも、俺は相葉さんとゲームしようと思ってたから」
ちょっ、大野さん仲間外れじゃんwwwwでも、私はにのあい派だから、美味しい発言、あざーす(笑)
松本「あぁ、ゲームね(納得)」
相葉「でさ、三人で呑んで解散した後の話があるんだけど、聞きたい?(笑)これ、話しちゃって良いの?俺の話ばっかりだけど(笑)」
櫻井「まあ、聞きましょ(笑)」


▼相葉ロックイン事件
櫻井「前も名古屋じゃなかったけ?」
相葉「え?そうだっけ?」
松本「…福岡じゃない?」
会場ザワザワ
相葉「名古屋か!名古屋、何かある!」
で、ロックイン事件の詳細解説。
またもや、トイレの後に廊下に出てしまった相葉さん。
前回同様に(上はTシャツだが下がパンツの為)フロントに行けない格好。
廊下で寝ようかとも考えたが、今回の廊下は目隠し的な場所が無いので、寝るに寝れず。
ジュニア用ケータリングの部屋は、常に解放されているらしく、そこに訪れた。
そこにベッドがあったので「ここにきたジュニアが、声かけてくれるだろう」と、大の字になって寝出す相葉さん(笑)
そして…

相葉「ジュニアのタイガ(?)とかコガ(?)とかが「相葉くん!!相葉くん!!どうしたんですか!?」って起こしてくれて。アイツら凄いの、俺の部屋の鍵を持ってきてくれたの!!「これでしょ!」って!!」
二宮「アイツらが出来る(持ってこれるなら)相葉さん(自身)が持ってこれるでしょ?」
櫻井「てかさ、部屋に入った時点でフロントに繋がる電話あったでしょ?」
相葉「…疲れてるから、そんなの気付かなかったの!!」
松本「お前、話盛ってるだろ?」
二宮?櫻井?「わざとか?わざと、そこで寝てたんだろ!?」
相葉「違う!!何で俺が、ふざけてたみたいに成ってんの?…まあ、話せるなとは思ったけど…ノンフィクションですから!!」

櫻井「MCグッパーしようぜ~三人のが残りね?」

▼ラッキーセブン
櫻井「櫻井、松本、相葉でお送りします。まずは、松本さんから」
宣伝。
櫻井「明日の撮影は?」
松本「2話と3話ですね」
櫻井「どんなシーンか、説明できる?ほら、後で家で観るときにさ、あぁこのシーンは名古屋のコンサートの次の日に撮ったんだなあ~って、思えるように(笑)」
松本「3話は頭出しの部分。2話は説明しにくいんだけど…事務所のシーンです」
相葉「探偵活動するの?」
松本「あ~…俺、普通の人の役だから…元フリーターで、探偵オタクとかって訳でもなく、事務所に流れで入っちゃったって感じだからさ…」
相葉「じゃあ、一話は探偵になるまでの話なの?」
松本「いや…一話の割合と早い段階で探偵になってる」

▼大宮と入れ替わり
相葉「(二宮に向かって話す)日本列島の宣伝しといてね!変なこと言うなよ?日本列島の人に、叱られちゃうから」
二宮「日本列島の人?日本列島の人って何?(笑)…まあ、映画、日本列島のナレーションを相葉さんがしてるので、興味のある方は観てみて下さい。無理に(強制?)とは言いません、興味のある方だけで結構です(笑)」
▼怪物くん
二宮「映画といえば、大野さん」
大野「うん、怪物くんがやってます。」
二宮「3Dなんですってね?どんな感じの内容なんですか?」
大野「2Dを観たら3Dが観たくなる。」
二宮「…どういうこと?」
大野「2Dを観てるときに、ああ~ここが飛び出してくるのかな~って。で、3Dを観るときに、ああ~ここも(飛び出してくるの)かぁ~ってなる。だから、2D観てから3D観て」
二宮「え?二回観ろってことですか?」
大野「うん、二回観て」
二宮「あ、櫻井さん、映画みました?」
櫻井「怪物太郎さん?観たよ!2Dを観たら3Dが観たくなるよね(笑)」
二宮?「どっち観たの?」
櫻井「2D」
二宮「最初っから、3D観れば良かったじゃない」
櫻井「いやさ、時間の都合上、2Dだったの」

▼相松も合流
二宮「相葉さんの日本列島も、ぜひ3Dでね?」
相葉「…いや…2D(のみ)です……そういう風にさ、期待させて裏切るみたいな言い方止めろよ!てか、さっきの(映画の宣伝)雑すぎるでしょ!?日本列島の人に、怒られるから!!」
二宮「だから、日本列島の人って何だよ!?(笑)」


で、この後、松本さんの案内で後半戦。
何故だか、ローテーションスタートでした(^_^;)



【ダブルアンコール】
松「じゃあ、次で本当に最後ね?」
会場「えぇー!?」
松「えぇーって言うなら、俺、帰るよ!?」
会場「嫌だ~!!」
松「じゃあ、最後ね?ちゃんと帰るんだよ?」
会場「嫌だ~!!」
松「じゃあ、どうしろって言うの!?」
相「みんな!ウチのまっちゃんが怒っ(キレ)ちゃうから!!…(次で最後)ね?」
まっちゃんwwwwなんか可愛い~末っ子っぽい呼び名ですね(´∀`)


…公演内容は…気が向いたら書くかもしれないし、書かないかもしれない…期待しないで下され(笑)
スポンサーサイト

blogram投票ボタン 良かったらポチッと、お願いします






管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今を唱えば~天候と時代の王子様達に煌きを~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。