今を唱えば~天候と時代の王子様達に煌きを~
某アイドル事務所所属の“山風な5人組”と、その2代下の“跳んでる10人組”が、好きな管理人による…気ままな芸能関連の記事置き場です。(最近、二千分の一を勝ち抜いた“先生”も推してますww)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン 良かったらポチッと、お願いします



源氏物語
※前置き的なTL


▼以下、映画【源氏物語 千年の謎】のネタバレ感想
…いや、批判ですね





ウチの母親のぶっちゃけ発言
「源氏物語なのに、なんか下品だったよね」


…めっさ解るwwww
まあ、下品という発言はいき過ぎかもしれませんが…
そういうシーンが露骨に多くて…
ぶっちゃけ、源氏物語にそういう部分は要らないのにさ(;´Д`)
昔の話だからさ、そういう部分はサラッと流すのよ~
人の心の揺れ動きや、駆け引きと、宮中の雅やかな舞台が大切なのであってさ…
(何度もしつこいようですが)そういうシーンは要らないの。

一番笑ってしまったのは、怨霊と藤原道長が戦ってる場面に安倍晴明が登場するところ。
テレ朝の特撮ヒーローものを観てる気分になった。何だあれ(笑)
あ、後半の六条御息所(紫式部の藤原道長への重ねた想いが物語に呑まれている)のに対応(応戦?)しているシーンも、含めてね。


あと、帝様の演奏シーン。
東儀さんオンステージ!!――って、感じで笑うしかない。本当に何あれ。


それから、頭の中将の脇役っぷりったらないwwww
あれだけだと、葵の上の兄ってだけの存在になっちゃう(;´Д`)青春期の親友でライバルって、素敵関係ばっさりカット…
そもそも、六条御息所や夕顔に惹かれていくキッカケが、頭の中将なのに…
本当に何なんだろうか、この映画…( ̄ー ̄)


それから、どうでも良いけれど…
ラストの式部が里へ帰るって時、胸上から後ろ髪に渡り結ばれた紐。
…何あれ(・_・)....?
ただ後ろで結ばれただけの輪…
はじめは、その紐に笠とか荷物とかを結ぶのかな?と思ったのに…最後の橋で光源氏とすれ違うシーンでも“そのまま”何も着いてない ただの輪…
真面目に何だったのアレ?(;´Д`)


…まあ、そんなところかな~
お母さんと行ったから、映画代 出して貰っちゃった(代わりにお昼代を私持ち)から、良いけどね…
定価の価値無い映画でした( ̄ー ̄)←



※以下、コレ続きの更に続き(笑)

映画よりか、漫画のがずっと面白いわ!!と、声を大にして伝えたい。

【藤の典侍】
スポンサーサイト

blogram投票ボタン 良かったらポチッと、お願いします






管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 今を唱えば~天候と時代の王子様達に煌きを~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。